トップページ > 発芽食 
発芽食



野菜の栄養価が一番高いのはいつだと思いますか?

命の力が一番集まる『発芽』の時です。
種子が発芽するのに必要な栄養成分と、芽が成長するのに必要な栄養成分が違うため、植物は新芽が出たり最初の芽が出る段階で、種子の状態では存在しなかった種類のビタミンや、その他の栄養成分を自分で合成します。
植物全般の平均でビタミンB2,は約65%、ビタミンEは約116%も増加することがわかっています。

特に豆類や穀物では、手軽で簡単なのに顕著に栄養価が高くなります。

スプラウト

スプラウト専用種子で小さな種子を発芽させるときは
1 種子はスプーンですくって一晩中水に浸けておく。
2 種子を茶こしにスプーンでいれて流水をかけて洗う。
3 水気を切り、容器に種子をまく。スプーンの背を使って種子が重ならないように、広げる。
4 朝晩2回霧吹きで水を与える。3日ほどして根がしっかり張ったら容器の縁から、そっと水を与える。

種子には絶対手で触らない事(手の雑菌がつくとカビやすくなる為)

粒の大きい種子はざるで発芽させれます。
玄米、麦、豆類など下記の要領でざるにあけて、スーパーの袋ですっぽり覆う。ざるごと水洗いして、水気を切り袋をかぶしておく。
 

作り方
1 豆を一日水に浸ける。
2 麻袋か洗濯ネットに入れて、吊す。
3 2~3回水をかける。
4 2~3日で発芽する。
5 芽が出てきたら出来上がり
 (すぐに食べない場合はエンバランスで保存しましょう)
注意事項
・水道水でも問題ありませんが、浄水器の水だと尚良いでしょう。
・種子の快適温度は18~22度です。
 夏場は涼しい所に置き、冬場は暖房機の  温風が当たる所は避け、間接光の当たる  所に置きましょう。
・直射日光に当てない(成長が止まります)。
・マスタードスプラウトの種を少し入れておくと、殺菌作用があります。

 


 

発芽玄米



発芽の一番良い状態は、胚芽がぷくっと膨らんで0.5ミリ芽が出たらオッケーです。エネルギーが最強に高まったときです!





<注意>下の写真は発芽し過ぎで味が苦くなり、美味しくなくなった玄米の写真です。


 





当社ホームページに記載されてる事柄は医師の指導に基づいて行って下さい。