トップページ > 発芽の効能 
発芽の効能


ガンの予防や軽減化の効果があると注目の酵素スルフォラファンには抗酸化作用や、胃潰瘍、十二指腸潰 瘍を引き起こすピロリ菌に対して殺菌効果があることがわかってきました。
一日約30g食べれば、ガン予防効果がある報告されています。




豊富な蛋白質とカロチンを含み、蛋白質の含有率は、水分を除く栄養成分の35%、ビタミンCは、カップ 半分ほどで搾りたてのオレンジジュース6パイ分に相当します。
さらに血液中のコレステロールを下げる効果もあります





ビタミンB1、B2、Eなどが豊富で、鉄分、ミネラル類もバランスよく含みます種子に含まれる脂質のほとんどが不飽和脂肪酸で、悪玉コレステロールを低下させる働きを持っています。




ビタミンB群や鉄分、ミネラルが多く、酵素類やホルモンも豊富です。血液を浄化し、体細胞を活性化、アトピー性湿疹など皮膚病にも効果あるといわれています。
種子から出る精油には抗菌作用
があり、他のスプラウトを栽培するときに少し混ぜると、カビの繁殖を防いで くれます。




胃に優しい酵素が豊富肉料理のつけあわせにおすすめです。




ビタミンA,B1,C,鉄分、リンが豊富、抗菌作用や血液をきれいにする働きがあります。




ビタミンC, E が特に豊富で、ビタミンB1、K,カロチンも比較的多く含んでいます。体調を整え胃腸の働 きを助け、利尿作用や赤血球の形成を促す働きがあります。




「畑の肉」といわれる大豆は非常に優れた蛋白質で、発芽させると早く煮え、消化もよくなります。 大豆にはビタミンB, C, も豊富で血管壁についた脂肪を溶かし、若返り効果のあるビタミンEの吸収を助けます




ビタミンB1 が豊富で、ビタミンB2, ニコチン酸、カルシウム、りん、鉄含みます。 東洋医学で
肉体疲労の回復、むくみや便秘、二日酔いなどに効果があるといわれています。




栄養価抜群。多量のビタミンE が含まれ、若返り効果があるといわれています。 蛋白質、ビタミンAやB群、C 種種の、ミネラル成分も沢山含まれています。 血流もよくして心臓にもよいと言われています。




蛋白質が豊富で、必須アミノ酸、ビタミンA 、B,、C も含みます。 緑化したものは、「豆苗」という名で市販されています。 なかでも、ベータカロチンが他の野菜と比べて群を抜いて多なっています。




発芽玄米は白米に比べて、すべての栄養成分が増加しています。 アミノ酸(ギャバ)は白米の10倍、玄米の2倍ちかく増加しています。 ギャバは、血圧を下げて血糖値を自然に戻し、血液をサラサラにして、脳を含む全身への血流をよくする作用 があります。 IP6 は、各種のガンの予防、軽減化に卓越した効果があることが判明した、白米には含まれていない、発芽玄米特有の成分です。




蕎麦には血圧を下げて毛細血管を強くするルチンというポリフェノールが豊富に含まれていますが、発芽させるとこのルチンが10倍から100倍に増えます。 また良質の蛋白質やカリウム、マグネシウム、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。 ルチンは水溶性で、茹汁にどんどん溶けだしてしまうので生で食べると損失の心配がありません。





当社ホームページに記載されてる事柄は医師の指導に基づいて行って下さい。