トップページ > 酵素食 
酵素食
農薬は身体の中で酵素によって、ある程度消えます。
麹菌が農薬を消してくれるのです。

体内では代謝や消化を助ける為に様々な酵素が働いています。
この酵素を摂取する事で代謝や消化を助ける事が出来ます。

酵母(こうじ菌)が酵素を作る。
酵素を減らさないようにする為には少食が一番
生ものと発酵食品から酵素がとれる
身体(胃 腸)を冷やすと酵素は働きにくい
酵素を減らすものに、白砂糖、脂肪、食品添加物、農薬、加工食品、抗生物質などです。

一番酵素を奪うものは抗生物質です。
抗生物質の残量度が高い食品(養殖魚 や質の悪い卵など)に気をつけましょう。
近年の養殖魚はエサを従来の化学薬品から天然のエサに切り替えている業者が増え
安全な魚を食べる事が出来るようになったが全てではない。

そこで賢食では、生野菜や果物から酵素を摂る『酵素ジュース』を勧めています。

しかし酵素が最も活発に働くのは人の体温である36.5℃付近で、温度が60℃以上になると壊れてしまいます。

一般のミキサーでは、野菜や果物を激しく潰し、モーターの温度も加わってしまうので肝心の酵素も潰れてしまいます。
そこでカッターを使わず低速で回転し素材の持つ酵素を壊さない『低速ジューサー』を使う事で美味しくたっぷり酵素を取る事が出来ます。






当社ホームページに記載されてる事柄は医師の指導に基づいて行って下さい。