トップページ > 家庭で出来る簡単手当法 

古来先人が伝える民間療法

昔、病院もお医者さんも居なかった時代の人達は、生きる知恵を自然の中から学んで来た!

全て自然の力と自己免疫力により、回復させることを古代人は知っていたのだろう。
昔から伝わる自然療法を是非家庭の中に取り入れて診てください。

スギナ療法

末期のガン療法に昔からスギナを使っていた!

里芋シップ療法

里芋シップは、打撲をして内出血をしたところに貼ると、痛み止めと散らしの役を果たす。
熱を持っている場所などは湿布が臭くなるが、それは毒を吸い取っているからです
歯痛でホホが腫れた時、耳下腺炎の時、盲腸炎の時も卓効がある。

もっと知りたい方はこちらの記事を読んで下さい。

生姜シップ療法




詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで下さい。

ご飯シップ療法

ご飯でシップするのとシップ薬とどのように違うのか?

病院で貰う湿布薬は、必要以上に冷やす為、血行が悪くなります。
ご飯は、澱粉が持つ力によって体温を必要以上に冷やさない為
素早く腫れた患部を修復します。
大変身体に優しい療法です!

打ち身や骨折で熱を持っている時は、冷し御飯をガーゼの上に乗せ腫れている部分に
ご飯で覆い、熱でごはんがパリパリになったら取り換えます。
痛みも早くとれて、紫色にうっ血した部位も早く戻ります。

自身も足の小指を骨折した時に素早くご飯シップをする事で、痛みと腫れが早く取れました。
骨折した部位だけでなく、数日後周りの足の甲も痛み出し紫色になった為そこにも
ご飯シップをすると、痛みも色も消えました。
熱が取れてからは、里芋シップに切り替えて、骨折の回復を待ちました。

病院が休日の時など急な対処時に是非お試しください。

がんと自然療法

ガンは元々自分の細胞です。科学の進歩と共に抗生剤で細胞を殺す方法から
なるべく副作用が少なくて済む方法論が増えてきました。
賢食では、なるべく自分の免疫力を高めていく自然療法でガンを克服した実例を紹介
致します。是非参考にして下さいね!

がん治療をするにあたって必ず守ることは
ガンを自然療法で治すには、徹底した食事法が必須です!
治ったからと言って元の食事に戻ってしまったら直ぐに転移します。
病気の根幹は全て自分が蒔いた種であることを忘れてはいけません。


詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで下さい。


当社ホームページに記載されてる事柄は医師の指導に基づいて行って下さい。